構成員

教授 三田村 啓理 (Professor Hiromichi MITAMURA, PhD)

バイオテレメトリーやマイクロデータロガーを用いるバイオロギング手法を水圏に生息する魚類などに適用し、彼らの行動・生態の解明に取り組んでいます。フィールドはタイ国、福島県、京都府、和歌山県、広島県、高知県、宮崎県など多岐にわたります。博士(情報学)。

 

准教授 市川 光太郎 (Associate Professor Kotaro ICHIKAWA, PhD)

ジュゴンの鳴き声を用いた行動生態研究をしています。ジュゴンが「いつ、どこで、何を」しているのかを解明して、現地住民の負担の少ないジュゴン保護を目指しています。また、高精度音響測位技術を利用してクロマグロ、ウナギ、ヒメマスなど小型魚類の行動追跡にも携わっています。
博士(情報学)。

 

特定准教授 木村 里子 (Program-specific Associate Professor Satoko S. KIMURA, PhD)

沿岸性の小型鯨類(イルカ類)を中心に水棲生物の発する音を使って生物の行動・生態を調べたり、人為的影響を評価したりしています。フィールドは中国、マレーシア、伊勢湾・三河湾など。近年は水族館と共同で個体のストレス評価にも取り組んでいます。博士(情報学)。国際高等教育院データ科学教育研究センター所属(農学研究科兼担)。【個人ページ

 

助教 小林 志保 (Research Associate Shiho KOBAYASHI, PhD)

現地観測、化学分析、数値シミュレーションを行ない、海洋の物理化学環境と生物圏との相互作用に関する研 究をしています。現在は、生態系モデルを用いた沿岸海域の物質循環や生物生産性の長期変動機構の解明と、アマモ場や貝類漁場の衰退といった海の環境問題の改善に取り組んでいます。フィールドは瀬戸内海や石川県七尾湾(世界農業遺産)など。
博 士(農学)

 

特定助教 久米 学 (Program-Specific Research Associate Manabu KUME, PhD)


研究員 野田 琢嗣 (Researcher Takuji NODA, PhD)

 

事務補佐員 正木 千秋、伊藤 真保


大学院生

D3 Saliza BONO
D1 小川 真由
M2 伊丹 裕亮、西山 啓太、八木 智也、小林 佳納、前野 紫藍
M1 壇辻ゆりか、南部 正裕、西川 寛太郎、本田 拓、前田 裕也、前川 尚徳

学部

B4 田嶋 宏隆、中陳 遥香、浜中 啓樹、吉川 雄大


名誉教授 荒井 修亮 (Professor Emeritus Nobuaki ARAI, PhD)

バイオテレメトリーやマイクロデータロガーを用いるバイオロギング手法を、海洋ならびに陸水に生息する魚類、哺乳類、は虫類に適応し、彼らの行動生態解明に取り組んでいます。フィールドはタイ国、北海道支笏湖、神奈川県横須賀市、京都府、広島県、沖縄県石垣など多岐に亘ります。         博士(農学)。日本バイオロギング研究会前会長。

国立研究法人水産研究・教育機構理事(水産大学校代表)。